キムンカムイというお勧めの漫画についての紹介

 さて、12月が終わりに近づき、クリスマスシーズンを迎えました。この時期、子供へのプレゼント等で出費が増える方も多いのではないかと思います。私の場合、この季節、外が寒い為、家の中で生活する時間が増えるので、そんな時、暇つぶしに読む、お勧めの漫画について紹介いたします。
 週間マガジンに1999年に連載されていた、キムンカムイという漫画です。キムンカムイとは、山の神を意味します。アイヌ民族は、そのヒグマを山の神とみなしていて、そんな山の神様のヒグマのいる北海道の黒土山で主人公の片瀬、松本、中竹を含めた、数名が、遭難しました。そして、そこで、一週間を恐怖で、過ごすことになった主人公の片瀬他3名や、テレビクルー数名、殺人犯等一行の漫画になります。
 この漫画は、その山で、人間が、巨大なヒグマに襲われる話の為、自然の恐怖を忘れてしまった都会人には山の恐怖や、厳しい局面で生き残る人生術を、学ぶことができます。また、ヒグマを中心に漫画が進む為、人間だけでなく、動物の命の尊さを学ぶことができます。家で、時間を持て余している方には、お勧めの漫画といえます。脱毛ラボ vio

キムンカムイというお勧めの漫画についての紹介